鯨を愛することと、
鯨を食べることは
なんら矛盾するものではない

予告編(トレーラー)はこちら

千葉・南房総に、400年の歴史を受け継ぐ捕鯨の町がある。
夏になると10mもある鯨が引き揚げられ、解体された肉が
その場で直売される。1頭から取れる肉は4トン。
「鯨一つ捕れば七浦潤う」の世界がここにある。
この町の、鯨を中心とした暮らしを描くことで、
日本人の【鯨への愛】を世界に知らしめたい。

​2021・6・2

​みなと新聞

​記事掲載

​2021・6・20

​読売新聞

​記事掲載

​2021・8・13

​東京新聞

​記事掲載